深夜道楽

美しい天体写真を追い求めて…

3月1日栃木市遠征

3月1日に栃木市に遠征してきました。
まーちゃるさん、mdhn1999さん、シュミットさん、ひろたろうさん、他2名という大盛況でした。



LDN1622 20190105+20190301 2K sRGB
オリオン座 LDN1622
撮影日時  :2019/3/1 20:42~
撮影地   :栃木県栃木市
光学系   :Celestron 11'' RASA
架台/ガイド:Vixen AXD / SX-Superstar GT-40
カメラ   :QHY367C
露光データ :Gain2801:3分*40(120分) 0.1分*10(1分) 
       合計 121分

撮影日時  :2019/1/5 21:23~
撮影地   :茨城県城里町
光学系   :Celestron 11'' RASA
架台/ガイド:Vixen AXD / SX-Superstar GT-40
カメラ   :Nikon D810A
露光データ :ISO1600:2分*40(80分) 
       
総露出 201分

正月に撮影したLDN1622とM78のモザイク作品とブレンドしました。
鏡筒は同じ、カメラが前回D810A、今回はQHY367Cです。
輝星の回折は円筒形の遮蔽なしカメラのQHY367Cのほうがやはりすっきりしてます。

d6fcc180.jpg


上がD810A、下がQHY367Cの同じ場所の比較です。
QHY367CはやはりRASAにぴったりのカメラですね。
なお、完成作は、輝星のみQHY367C画像を輝度で使ってます。

CCA250のほうは、ろくぶんぎ座のNGC3169、NGC3166というペア銀河を撮影。
昨年2月にQSI6120で撮影してお蔵入りになっていた画像とブレンドしました。



N3169-20190301C 2K sRGB






ろくぶんぎ座 NGC3169, NGC3166
撮影日時  :2019/3/1 22:56~
撮影地   :栃木県栃木市
光学系   :CCA250
架台/ガイド:Skywatcher EQ8/ SX-Lodestar2 GT-40
カメラ   :QHY367C
露光データ :Gain1250:3分*60(180分) 0.1分*10(1分) 
       合計 181分

撮影日時  :2018/02/12
撮影地   :千葉県旭市
光学系   :CCA250
架台/ガイド:Skywatcher EQ8/ SX-Lodestar2 GT-40
カメラ   :QSI6120ws
露光データ :L:10分*18(180分) R:10分*5(50分) G:10分*5(50分) B:10分*5(50分) L:0.25分*8(2分) 
       合計 332分

総合計露出 513分

2月26日 妙義遠征~RCW19、IC2177、M101

Yahoo!ブログが12月に終ってしまうのだそうで、ちょっと動揺してます。
みなさんは引っ越し先決められましたでしょうか。
僕はみなさんの動向を様子見中です。
いくつか移転ツールで移転できるサイトがあるようですが、天体写真にはどこが一番使いやすいのか見極める必要がありそうですね。

さて、2月26日火曜日、翌日雨予報だったので良シーイングを期待して妙義まで行ってきました。
シーイングは期待通り良好で、前半はよく晴れたのですが、後半は雲がちで落ち着かない空でした。



RCW19 20190226B 2K sRGB

とも座 RCW19
撮影日時  :2019/2/26 21:13~
撮影地   :妙義山
光学系   :Celestron 11'' RASA
架台/ガイド:Vixen AXD / SX-Superstar GT-40
カメラ   :Nikon D810A
露光データ :ISO1600:3分*35(105分) 0.1分*10(1分) 
       合計 106分

妙義山は南が暗いので、かねてより撮りたかった、とも座のRCW19という星雲を狙ってみました。
南中でも20度に満たないので、なかなかチャンスがありませんでした。
右側の淡い暗黒帯と散光星雲は、RASAとはいえ2時間に満たない露出だと難しいです。
でも、これだけ低い領域にしては全体としてはよく写りました。
もちろん当夜も2台出しで、もう一方はCCA250にQHY367Cという組み合わせです。
QHY367CはD810Aのセンサーを搭載したフルサイズの冷却CMOSカメラで、mdhn1999さんがほとんど使われてないとのことで前回の都留でご一緒したときにお借りしていました。
家でテスト撮影はできたので、今回はじめて本番に使ってみました。





IC2177 20190226C 2K sRGB

いっかくじゅう座 IC2177
撮影日時  :2019/2/26 21:38~
撮影地   :妙義山
光学系   :CCA250
架台/ガイド:Skywatcher EQ8/ SX-Lodestar2 GT-40
カメラ   :QHY367C
露光データ :Gain1250:3分*40(120分) 0.1分*10(1分) 
       合計 121分


かもめ星雲の中心部ですが、星が美しい場所です。
まだQHY367Cの画像処理に慣れていないので試行錯誤して仕上げました。
センサーはD810Aと同じなので、同じポテンシャルはあるはずと信じて処理しましたが、まあ合格の出来でしょうか。
かもめは0時前には西に傾いてしまうので、続けて銀河を撮影しました。
センサーサイズがフルサイズなので、なるべく大きな銀河をということで、M101回転花火銀河を狙いました。
もちろんM101はCCA250で何度も撮ってるので、最近の撮影画像を秘伝のたれとしてブレンドして使いました。





M101_20190226E 2K sRGB




M101 回転花火銀河
撮影日時  :2019/2/27 0:26~
撮影地   :妙義山
光学系   :CCA250
架台/ガイド:Skywatcher EQ8/ SX-Lodestar2 GT-40
カメラ   :QHY367C
露光データ :Gain1250:3分*60(180分) 0.1分*10(1分) 
       合計 181分

秘伝のたれ
撮影日時  :2017/1/31 2:03~
光学系   :CCA250 + NikonTC14EIII
カメラ   :D810A
露光データ :ISO800:10分*16(160分) ISO200:0.5分*16(8分) 
       合計 168分

撮影日時  :2018/2/23 22:28~
光学系   :CCA250 + CR1.5X
カメラ   :QHY16200A
露光データ :L:10分*16(160分) Ha:10分*16(160分) R:5分*5(25分) G:5分*5(25分) B:5分*5(25分) 
       合計 395分

総合計露出 12時間24分

秘伝のたれが効いて、かなり高精細に表現できたかと思います。
QHY367C単独の画像だと色がここまで乗らなかったので、まだまだ画像処理に研究が必要です。
Nikonの映像エンジンと同じことを自分でシコシコやらないといけないので、なかなか右から左というわけにはいきません。
しかし、円筒形でフィルターホイールも不要なので、プライムフォーカスのRASAに着けるカメラとしては遮蔽がなくて理想的なんです。
夏場は冷やせますしね~
今回の撮影の結果、使う目途が立ちそうでしたので、mdhn1999にたってのお願いをして、このカメラ譲っていただきました。
mdhn1999さんありがとうございました!


2月11日都留遠征

建国記念の日は山梨県都留市にmdhn1999さんと遠征してきました。
低空に傾く対象を撮る予定だったので、ガリバーあたりのほうが条件いいんですが、寒さと風と路面の雪を心配して近い都留に日和りました^^;
到着したときにはすでにmdhn1999さんは撮影中で、今日はシーイングよいとのこと。
21時前に撮影開始しましたが、だんだんシーイングが悪くなってきて、銀河に切り替えた0時ごろには中の下くらいのシーイングになってしまいがっかり。。。
で、撮影成果は2点です。

Sh2-297 2019021B1 2K sRGB


いっかくじゅう座 Sh2-297
撮影日時  :2019/2/11 20:12~
撮影地   :山梨県都留市
光学系   :CCA250 + CR1.5X
架台/ガイド:Skywatcher EQ8/ SX-Lodestar2 GT-40
カメラ   :Nikon D810A
露光データ :ISO1600:3分*60(180分) 
       合計 180分

このSh2-297はIC2177かもめ星雲の翼端といえばすぐわかると思います。
かもめ星雲の一部としてしか撮られることはないと思いますが、こうしてアップで撮影するとなかなか美しい星雲です。
シーイングのいいときにさらにアップで撮ってみたいです。


N4725_20190211 2K sRGB



かみのけ座 NGC4725
撮影日時  :2019/2/11 23:58~
撮影地   :山梨県都留市
光学系   :CCA250
架台/ガイド:Skywatcher EQ8/ SX-Lodestar2 GT-40
カメラ   :QSI6120ws
露光データ :L:10分*9(90分) Ha:10分*12(120分) 
       合計 210分

撮影日時  :2017/02/04 0:18~
撮影地   :茨城県城里町
光学系   :CCA250 + NikonTC14EIII
架台/ガイド:Vixen AXD / SX-Superstar GT-40
カメラ   :D810A
露光データ :ISO800:10分*22(220分) ISO200:0.5分*16(8分) 
       合計 228分

このNGC4725はすごくディテールが描写できていますが、2017年の撮影画像が好シーイングでよく解像していたので銀河中心部はほとんどそっちを使いました。
今回の撮影画像は周辺の淡いところのノイズ消しと、Hαの赤色にしか使ってません。
2017年版はこれより広い画角で、星ナビに入選した作品ですが、そのときよりも画像処理の引き出しが増えてより細部が描写できました。
色も海外風にこってりと。
ギャラリー
  • 令和元年GW南会津遠征
  • 令和元年GW南会津遠征
  • 令和元年GW南会津遠征
  • 令和元年GW南会津遠征
  • 令和元年GW南会津遠征
  • 天ガ6月号表紙、星ナビ6月号入選
  • 天ガ6月号表紙、星ナビ6月号入選
  • 天ガ6月号表紙、星ナビ6月号入選
  • りょうけん座 NGC4151
ブログ内記事検索